いつの日かダブトランぺッターと呼ばれるようになった

Category : 書籍


逢うたびに、
人と人がつながっていることを
言葉で確認しあうのは「不毛な事だ」と言い放つ
こだま和文。
この本はそんなこだま流の生き様が満載。
読み終わったあと、深く容認。
          ー 本籍じゃがたら南流石


ミュージシャン・こだま和文がもっとも語りたくなかった、
葛藤する青春時代のエピソード。
ぶどう園、忌野清志郎、江戸アケミ、シゲちゃんスラング事件、吉祥寺はパリ・・・
福井から上京、ミュートビートに至るまでを綴るエッセイ。


『いつの日かダブトランぺッターと呼ばれるようになった』
こだま和文著

四六並製/256頁
ISBN978-4-903883-04-5 C0073

定価 1,620円(本体1,500円、税120円)
販売価格 1,620円(本体1,500円、税120円)
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける